スムーススキン/SMOOTHSKIN

スムーススキン
スムーススキン ピュア始動!!
 
スムーススキン / SMOOTH SKIN pure
smoothskin pure

イギリス生まれの家庭用脱毛器『スムーススキン』は、今 注目度の高い脱毛器で「サロンレベルの脱毛が家庭でできる!」と評判。

2020年現在販売されているのは主に4種類。
つい先日(2020年6月)発売が開始されたばかりのシリーズ最新作『pure』。手の平サイズでとってもコンパクトながらスピード感あふれる脱毛が可能な『bare』。最新のテクノロジーが搭載された『GOLD&forMEN』。そして最上位機種の『muse pro』に至っては…

スムーススキンの気になる情報が盛り沢山!脱毛マニア必見です!!

※ 英国発の家庭用脱毛器『スムーススキン -SMOOTHSKIN-』徹底解剖!

 
スムーススキン
冒頭でも述べましたが、スムーススキンはイギリス生まれの脱毛器ということでイマイチピンとこない人も多いのではないかと思います。

イギリスはアメリカ同様に、脱毛の意識が日本よりも高い..と聞き及んでいますが イギリスの場合チョット事情が違っていて…

なんでも、”ワキやvioなど普段あまり人目につかない部分の脱毛はシッカリやっているけど、ウデや背中の毛に関しては自然のままにしている(ボーボー)女性が結構いる” とのこと。

なかなか意味不明な脱毛事情ですが、日本人女性が真逆(ワキや腕・背中は完璧だがvioがボーボー)率が高いことを考えると、そうそう不思議がることはないかもしれません。

ともあれイギリス国内のドラッグストアでは日本以上に脱毛関連の商品が並び、意識の高さは事実のようです。

スムーススキンの全てのシリーズは、イギリス国内の家庭用脱毛器のパイオニア『cyden(サイデン)社』によって開発されました
では早速、イギリス生まれの家庭用脱毛器 ”スムーススキン” を機種別にご紹介していきましょう!
 

※ スムーススキン 【ベアプラス bare+】

 
スムーススキン ← まずはコチラから。
スムーススキン「bare+(ベアプラス)」
《スペック》
○ 最大照射回数100万回.
(※ メーカーテスト結果)
○ 照射面積:3.0㎠.
○ 照射パワー:4ジュール/㎠.
○ 1照射0.6秒/1分間最大100回照射可能.
○ パワー調整:ワンモード.
○ 本体重量:約200g.
○ 本体サイズ:幅:約8cm、奥行き:約4.5cm、高さ:約13cm.
○ 照射モード:連続,1回.
○ 自動肌色検知機能:スキントーンセンサー内蔵.
○ メーカー2年保証付.

|スムーススキン 【bare+】の特徴.

”bare +” は、スムーススキン 3機種の中で最もコンパクトな脱毛器です。ケノンやレイボーテで本来”ハンドピース”や”プローブ”にあたる部分、その部分自体が本体になります。

上図で見られるような卵形の形状で、パソコンのマウスを連想させます。
この「bare+」の特徴を見ていきましょう!

《照射スピード》

1照射あたりわずか0.6秒!という最速レベルでのスピードを実現しています。
照射の待ち時間が短くストレスフリー!その速さから、1分間におよそ100回の照射が可能で、全身をイッキに脱毛処理した場合わずか10分で処理が終了するという驚きの速さです

連続照射モードでの処理速度は他社製品と比較するとよくわかります。国内で人気N o.1の家庭用脱毛器”ケノン”では、自動連射モード 最小レベル「1」で次の照射までにかかる時間は ”約4秒”。最大レベル「10」では ”約7秒” です。
さすがのケノンでもbare+の速さには勝てないようです(ケノンの詳細ページはコチラ

ちなみにレイボーテグランデでは最速o.5秒という速さを実現していて、わずかに0.1秒及びませんでした。

《照射回数》

スムーススキンbare+の照射回数は最大100万回!
1回の全身脱毛トリートメントで10分間使ったとすると、19年間以上使える計算になるとのこと。

しかもカートリッジの交換などは一切不要。本体購入後カートリッジを追加で買う必要がなく、ランニングコストが抑えられます。

また、従来品である「bare」から新たにリニューアルされたことで光エネルギーが30%もUPされています。そのため1回で より効率的にムダ毛にアプローチでき、今まで効果を実感しにくかった産毛などの細い毛にもパワフルに働きかけることが可能になりました。

《サイズ》

本体は手の平にスッポリとおさまるサイズ
bare+はスムーススキン3機種の中ではイチバン軽量で、なによりコンパクトというところで使いやすさをさらに実現しています。

小さく 小回りが効くため、指や脇・顔 さらにはビキニラインなど 凹凸の激しい場所や狭い部位へのお手入れに最適です。

《ボディカラー&フォルム》

キュートなフォルムと選べるボディカラー!
手の平にスッポリと収まるということは、パソコンのマウスのように まあるくて楕円形であることは容易に想像でき、実際にそのような形状をしていて とってもキュート!

bareボディーカラーも、3色から選べます。
上部の画像はブラック。
その他に、ホワイト(ホワイト&パープル)・ヌード(ホワイト&ベージュ)です。

bare画像右がホワイト(ホワイト&パープル)→

← そしてコチラがヌード(ホワイト&ベージュ)です。

どの色もオシャレでスタイリッシュなデザイン!3つとも真ん中に照射ボタンが付いてます(ちょうどSSのロゴがあるあたり)。

お値段は当然ですが3種類とも同じです。
 :

|スムーススキン 【bare+】の操作方法は.

スムーススキン bare+を始動させるには、卵形の本体 下部から出ているコンセントプラグをコンセントに挿すだけです。

コンセントタイプの良さは充電式と違って、充電時間を気にしなくてすむこと。使いたい時にサッと取り出して すぐに使える!
本体の真ん中付近にあるSSのロゴがある照射ボタンを1度押し、バックライトの色が青から白に変わったら照射可能のサインです

ただ、この コンセントの抜き差しが電源のonとoffになる(特に起動スイッチなどがない)というのが、逆に使いにくいと言う声も

bare+をはじめフラッシュ式脱毛器では、照射する前に基本的な肌のお手入れを済ませておく(照射部分の毛をあらかじめ処理する)というのは、1度でも脱毛経験のある人ならご存知だと思いますので、事前の自己処理は忘れずに!
脱毛効果をアップさせるためにも必ず行いましょう。

bare+には「スキントーンセンサー」という機能が内蔵されていて、トリートメントする部分の肌色に応じて自動的にパワー調整できるように設計されています。この機能は従来のbareにも搭載されていましたが、より感度がアップし 機器を当てるだけで肌の色を感知できるように。
センサーが認識して、使用可能と判断した場合にのみ照射できるという仕組みです。

照射方法は本体中央のボタンを押すだけ。
1回ボタンを押すだけの単発照射モードと、ボタンの長押しによる連射モードがあります

前述しましたが、ボタン長押しでの連射モードは0.6秒という速さですので操作も素早く行う必要があります。ボヤボヤしていると同じ箇所を何度も照射してしまうことに!

トリートメント自体は、基本週1回。1ヶ月に多くて4回の処理が行えます。っとまあ この辺は他のフラッシュ式脱毛器とほとんど同じですね。

|bare+の効果.

次は、気になるbare+の脱毛効果について。この「脱毛効果」がムダ毛でお悩みの皆様にとって本当にイッチバン!気になるところではないでしょうか。

bare+の口コミをみる限りでは、

> 購入後3回の照射で効果を実感!指の毛がスルッと抜ける感じ.
> 1ヶ月、週1でサロンよりも効果が出た.
> 4周目に効果が見えてきました!連射した時熱いのと光が強すぎてゴーグルが必要と思ったの以外、すぐに効果が見られたので良かった!

など、確実に効果を感じている人が多いという印象を受けました。

しかし実際のところはどうなのか?さらに掘り下げて探っていきましょう!

冒頭でお伝えした通り、スムーススキンは英国生まれ。イギリスの開発チームは『bare+』を開発するにあたって専用のラボを持ち、様々な試験(エネルギー試験・デバイスの速度設定・熱試験)と何百時間もの製品テストを行なっっています。

全ての光のパラメーターを測定し、IPLデバイスにとって重要な ”エネルギーの量” と ”速度の尺度” という2つを合わせた『オプティカルパワー』に着目し、高いエネルギーを確保しつつ、スピードの速さも実現したのです。

開発チームが、まさに 一丸となって作った『bare+』。効果が無いハズがありません!

実際にbare+を使って脱毛をした方々の体験ブログもいくつかチェックしてみたところ、効果が現れ始めるのは2ヶ月〜3ヶ月程度使用した後というのが多かったです。先に紹介した口コミでは、1ヶ月後にはすでに効果を感じたということで、早い人では3回目の使用後という人も!

使用頻度はメーカーの規定を守って、1週間に1度、それを3ヶ月間辛抱強く繰り返すことで効果を得られるようです。が、やはり個人差というものがありますので「確実に効果が出る」とは言えないのが現状です。

参考までに他の口コミも少々掲載しておきます。


> 色の薄い毛には反応が悪い.
> 男の自分でこの効果なら女性の皆様なら十分かもしれません.
> 全身脱毛10分はちょっと盛り過ぎ。ムリがある。もうちょっとかかるかな.
> 脱毛サロンと併用で使っています。ボタン一つの操作で楽々!痛みもサロン並みで安心して処理できます.
> 太ももの照射は何故か痒みがあり使えませんでした。他は顔を含め全て使えました。毛の色が濃い部分の方が効果が早いです.

 

スムーススキン bare + 公式販売サイトはこちら ↓↓


 

 

※ スムーススキン 【GOLD&for MEN】

 
smoothskin formen← 次はコチラ(画像は ”forMEN” の方です).
スムーススキン「GOLD&forMEN」

《スペック》
○ 最大照射回数30万回.
(※ メーカーテスト結果)
○ 照射面積:3.0㎠.
○ 照射パワー:4~6ジュール/cm2
○ 1照射0.9〜1.9秒秒
/1分間最大30〜60回照射可能.
○ パワー調整:10段回+ジェントルモード.
○ 本体重量:約370g.
○ 本体サイズ:幅:約8cm、奥行き:約7.5cm、高さ:約23cm.
○ 照射モード:連続,1回照射.
○ 自動肌色検知機能/スキントーンセンサー内蔵.
○ メーカー2年保証付.

 

|スムーススキン 【GOLD&forMEN】の特徴.

スムーススキン GOLD&forMENの最大の特徴は、bare+とは まったく異なる その形状です。

《形》

上画像を見ていただくとお分かりの通り、ちょうどブーメランのように くの字に湾曲しています。

smoothskin gold

ちなみにGOLDはコチラ(最新バージョン300)→

 
カラーが違うだけ。
この後に紹介する「muse pro」も形は全く同じです。

bare+以外のスムーススキンが何故このような形をしているのか、というのには意味があります。

持ち手の部分が くの字に湾曲しているのは、デバイス自体の発光部(照射口)が照射する肌面にピッタリと密着できるようにするため。手の小さい女性でも持ちやすい形状になっているのです
 
形以外の違いはまだあります。

《照射回数&パワー調整機能》

消耗までの最大照射回数が30万回ということで、bare+がおよそ20年程の使用に耐えるものであるのに対し、gold&forMenは約9年間と短いのです。しかしながら、bare+のおよそ2倍のパワーを持っています

この照射パワーの違いから、少ない照射回数でも十分に効果を得られるということ。

脱毛までに時間が無い方、早く脱毛を終わらせたい方にはGOld&forMenの方をお勧めします。ただ価格はbare+の約2倍ほどになりますが..

ちなみに、スムーススキン GOLDとforMEN300は『Pure』のひとつ前のモデルです。GOLD&forMENの前には、スムーススキンGOLD(初代)とスムーススキンGOLD200というのがあります。主な違いは照射回数の違い。初代の最大照射回数は12万回程度、200で20万回、最新の300が30万回となっています。
 
smoothskin goldそして、パワー調整機能としてgold以上の機種には『ジェントルモード』が搭載されています

← 左画像、下の丸ボタン。羽根のマークが付いています。

基本的にはスキントーンセンサーが働いて自動的に照射パワーは調整されるのですが、強制的にパワーを弱めたいという場合..例えば、超デリケートゾーンへの照射や敏感肌タイプの人のため です。

ただ、このモードにした場合 ”パワーが落ちる=脱毛効果の低下” となり、痛みが解消される反面 脱毛効果下がるので、1箇所の脱毛が完了するまでの期間が延長することになります

《パワーバー》

スムーススキン Gold&forMenから(museも含む)は、スキントーンセンサーによる計測状況を表示する窓が付いています

smoothskin gold300
← パワーバーの位置はコチラ。
ちょうど本体の側面。両側に付いているので持ち手をかえても見れるように工夫されています。

自動スキントーンセンサー機能はbare+にも搭載されていますが、このような ひと目見てわかるようなパワーバーは付いていません(ベアのスキントーンセンサーは使用可能かどうかの ”スキンチェック” で、パワーを調整する機能は付いていません)。

この、ゲージタイプのメモリーバーはトリートメントしている間 継続的に作動します。

自動スキントーンセンサーによって検知された肌の色によって、最も安全で有効なパワーを選び、LEDの点灯数でパワーの強さを10段回で表します

照射1回ごとに肌の色を計測し、最適なパワーで照射されるように設計されているのです。

smoothskin gold300

↑ 上画像が表示される光のパターンです。

左から..
「赤色」・・照射不可。肌色が濃すぎてお手入れには不向きな場合。かなり濃いと判断された、肌色レベルの左から2つ目あたりまで。
「白色」・・1個のみの点灯/肌色レベルが左から3つ目あたりと判断した場合。レディモード(照射準備モード)となります。
複数個の点灯/肌色レベルに応じて複数個が点灯します。肌色レベルが最も白い一番右のレベルになるとLEDが全て点灯し、最高レベルのパワーで照射されます。

|スムーススキン【Gold&forMen】の操作方法.

スムーススキン Gold300&forMenの操作方法はいたって簡単。ACアダプターを接続してコンセントに繋げばOK!コードも十分な長さがあるので不便さを感じることはありません。

smoothskin gold300わずらわしい設定などまったく不要。電気さえ通っている環境であればどこでも使えます!

コンセント接続後、本体一番上の(右画像参照→)電源マークのある丸いボタン(スタンバイ/レディボタン)が青く点灯し、スタンバイモードになります。
このボタンが青いままだと作動しません。

このスタンバイ/レディボタンを1回プッシュ!
するとボタンの色が変わり、青から白になったらレディモードで照射準備完了!いつでも照射ができる状態です

そこで、一番下のゴールドのフチで囲まれたおっきいボタン(作動ボタン)を押すことでフラッシュが発光します。

smoothskin formenこの時に発光口の両サイドにある(左画像参照)スキントーンセンサーが作動。

肌に当てた際に瞬時に肌色を認識し、最的な強さになるように照射パワーを調整してくれます(タッチ&ゴーシステム)。

このオートパワー調整機能のおかげで、面倒なレベル設定などを一々しなくてすむというのは非常にありがたいですね(レベル表示については前項の ”パワーバー” にて説明済み)。

そしてデリケートゾーンなど、どうしても弱いパワーで照射したい場合のみ、羽のマークのジェントルモードが使えます

照射モードはスタンプモード(1回のみの照射)と、作動ボタンを押したままの状態の連続照射モードから選べます

スタンプモード(単発照射)は、手動で1回1回発光部を移動させて行います。
顔や脇・ビキニラインなど狭い部分の照射に、連射モードは足や腕・背中など広い部分の照射に最適です。

初回から12時間目くらいまでは、スタンプモードで1回1回の照射を丁寧に、照射漏れの無いようにケアして、その後 脱毛効果が現れ始めてからスライドモードで連射するという使い方がオススメ!

照射される光は『IPL』で安全なものなので、ゴーグルなどは不要ということなのでしょう。
付属品としては付いていません

ただ一部では「かなり眩しい」などと言った声もありますので、不安な場合はゴーグル、あるいはサングラスなど準備した方がいいでしょう。

また、専用のジェルなどもありませんし、使う必要もないところもお手軽そのもの!

|スムーススキン【Gold&forMen】の脱毛効果は!?

操作方法がわかったところで次は肝心の脱毛効果について。
bare+同様もっとも気になるところです。

”特徴” の所でもお伝えした通り、Gold300&forMenの照射パワーはbare+の2倍。使うごとにその効果を実感することができます。

基本的な照射間隔(週1)であれば、まず 毛がポロッと抜けるように。その後使い続けていくにしたがって、産毛のように細く変化していくのがわかってきます。

さらに根気強く使い続け、3ヶ月もする頃には毛の生えるスピードが格段に遅くなり、そうなると1週間に1回だったお手入れも徐々に間隔が開き、月に1〜2回のケアで済むようになるでしょう。

毛の減少だけでなく毛穴も引き締まって目立たなくなり、肌にもハリが!などといった相乗効果も期待できます。

では実際にスムーススキン Gild300&forMenを使った人の口コミをいくつか掲載していきます。


> 足の剛毛処理で使い始め、5回目まではさほど効果の実感もなく不安になっていましたが、6回目くらいから伸びるのが確実に遅くなり肌もきれいになってきました!
> 腕・足・VIOに使用して3周目ですが、毛の生えるスピードが断然落ちました。特に目に見えてわかるのがVです。最初はピリッとした痛みがあり、続けるのが不安でしたが3周目には まったく気にならなくなりました.
> 色白剛毛、毛は太い上に毛穴も目立っているタイプです。脇は2回目から効果が見られ、数回で残り数本程度に。顎の髭みたいな毛も(女です)年々濃くなってきた手足の毛もワキほどではありませんが効果はすごく出ています。使用し始めて2ヶ月で、剃刀で処理することはほとんどありません。星4つなのは使用中にちょこちょこ止まってしまうため.
> 3回目の使用です。顔・手足に使用しています。以前は3日に1度カミソリで処理していましたが、今は1週間放置しても気にならないくらい。痛みもなく、これなら気軽に長く続けられそうです.
> そんなに回数は使ってないですが指毛は生えにくくなってきました。レベルを自動で調節してくれるのとサングラスがいらないのが良かったので個人的には満足しています.

(以上、楽天「みんなのレビュー」より一部抜粋)

と、やはりbare+の時よりも圧倒的に好感触なのを感じます。

bare+もそれなりの効果はあるのですが、やはりその2倍のパワーを持つGold300やforMenには及ばず、といったところ。脱毛効果をあまり早く期待しない人や、デザイン重視の場合はbare+の方がおすすめかも。

ただ外国製の脱毛器というだけあって、bare+はともかくGold&forMenの場合、国内で販売されている脱毛器に見慣れている我々日本人にとって、初めて手元に届いた時には その「デカさ」に驚くという口コミも。

悪い、あまり効果がなかったというような口コミも探したのですがほとんど無かったです。評価の低い口コミは、「配送状態が悪い」とか「初期不良」「中古品」など脱毛効果とは関係ないものばかり目立ちました。
 
 

 

※ スムーススキン【Muse pro】

 
smoothskin muse← 3つ目はコチラ.
スムーススキン 「Muse pro」
スムーススキンの最上位機種です。

《スペック》
○ 最大照射回数40万回.
(※ メーカーテスト結果)
○ 照射面積:3.0㎠.
○ 照射パワー:4~6ジュール/cm2
○ 1照射0.9〜1.9秒秒
/1分間最大30〜60回照射可能.
○ パワー調整:10段回+ジェントルモード.
○ 本体重量:約370g.
○ 本体サイズ:幅:約8cm、奥行き:約7.5cm、高さ:約23cm.
○ 照射モード:連続,1回照射.
○ 自動肌色検知機能/スキントーンセンサー内蔵.
○ メーカー2年保証付.

 

|スムーススキン【muse pro】の特徴.

スムーススキン ミューズの特徴といっても前項で紹介したGold300&forMenとの違いは、外観のボディカラー、そして機能的な違いは ”最大照射回数” のみとなっています。

《bodyカラー》

スムーススキンシリーズの最上位機種ということで 上画像でもお分かりいただけるとおり、ミューズのボディカラーはブラック地で一部分にゴールドのラメが散りばめられた、まさに高級感のあるデザイン。

脱衣所・洗面台などに出しっ放しにしておいても、その洗練されたデザインでオシャレなオブジェ?のようです。逆に出しっぱにした方がいつでもサッと使えるので出し入れに無駄な時間を取らなくて合理的!飾りとしても使えるということで美意識の向上にもつながります

《照射回数》

ミューズの最大照射回数は40万回。ゴールド&フォーメンよりも10万回多いです。

40万回というと、メーカーが推奨する照射間隔である1週間に1度の使用であれば、大体5年〜6年使えることになります

やはり最上位機種となるとちょっと違います(2020年6月時点では ”pure” が最上位機種となっています)。ちなみにメーカー保証は2年。通常、一般的な家電メーカーの保証では ”1年” ということがほとんどです。

が、そもそもスムーススキンの開発元である『cyden社』は医療機器メーカー。高い性能に加えて品質・耐久性も兼ね備え、さらに保証まで長期間ということで安心ポイントが高いのも嬉しいですね!

《プロ仕様》

 
smoothskin muse
スムーススキン『MusePro』は、その名の通りプロ仕様の脱毛器として開発されました。
つまり、トータルビューティケアを提案するヘアサロンなどでの使用に耐え得るもの、ということです(美容室専用モデル)。

実際にどのような場所で使われているかといいますと、例えば「ネイルサロン」。
爪をキレイに着飾る人の指毛への使用です。爪はゴージャスに着飾っても指毛がボーボーなんてことはありえませんから…

ネイルサロンは美容室と同じく1回通うと2回3回と常連になっていくものです。しかも通う頻度は2週間〜3週間に1回と、脱毛処理の頻度とまあまあマッチしています。そのような場面で指毛のケアをしてくれるというのは嬉しいですし、脱毛サロンに通うよりもお手軽感があります。使用していく段階でmusepuro本体を購入される客もいるそう。

その他にも「ヘアサロン」などで直接お客様に使ってもらってから、その後購入という経路でも販売されているようです。
注;ヘアサロンなどネットの正規販売店以外の場所で購入される場合は、そのお店がCyden社の正規代理店であることを確認してから購入しましょう!

以上のようなことから、自宅でのホームケアにおいてもサロンクオリティの脱毛ケアが期待できるということに他なりません。

|スムーススキン【muse pro】の操作方法.

muse proの操作方法は、前述したGold&forMenとほとんど同じになります。

自動スキントーンセンサー・連射&ジェントルモードなど、もちろん搭載されていて余計な設定などは一切不要!電源コードをコンセントに挿すだけで起動します。

電源スイッチ・ジェントルモードボタン(羽マーク)・照射ボタンの3つのボタンで操作完了。詳しい説明は前項のスムーススキン 「Gold&forMenの操作方法」の項を参照していただければと思います。

|スムーススキン【muse pro】の効果は!?

 
smoothskin muse“スムーススキン musepro” の公式サイトでの脱毛効果について、実際にイギリスサイデン社が行った臨床試験に基づく結果として書かれている効果を以下に掲載します。

○ 4週間の使用で92%の脱毛効果.
○ 使用した女性の96%が推薦.

さらに、脱毛効果を得るための効率的な使い方として、

使用開始から「12週間は毎週お手入れするようにしてください。初めの数週間は効果が少ないと感じられるかもしれませんが、それは毛周期によるものです。毎週お手入れをすれば徐々に効果が現れます。12週間のプログラムが終了しましたら、その後は月に1回のご使用で綺麗なお肌を維持していきましょう。※ 効果は個人差があります.

では、”スムーススキン muse” の脱毛効果に関する口コミを見ていきましょう!


> とっても良い!サロンより断然おすすめ!
もともと、美容知識の豊富な担当美容師さんに、家でやる脱毛器って効果あるんですかねー?という話をしたところ、「数年前に美容室で販売しようということになり、会社総出で、あらゆる脱毛器を試したり、研究した結果、これが1番良いってなったので、おすすめですよー!私も使ってます!」と言われ、興味を持ちました…《楽天みんなのレビューで続きを読む》
> 大きくて使いやすい。
広範囲を使っても時間が掛からないです。 3回使いましたが、すでに毛が生えてこなくなってきました。かなり良いと思います。ピリッとする痛みがありますが、赤くはなりませんでした。《Yahoo!口コミ参照》

上記以外でもスムーススキン museproの口コミを見るにつけ、その効果の高さをうかがい知ることができます。また、メンズ脱毛にも効果が期待できるとして注目されていることは前項でご紹介した『forMen』の存在が実証してくれています。

男性の太くて濃いヒゲは脱毛サロンでも手を焼く程しつこく、脱毛完了が難しいとされる部類の毛です。そのような毛でも『forMen』では効果を実感できる(個人差あり)というので、フォーメンと同様のパワーを持つミューズプロでも期待度は高いと言えるでしょう。
 
 

 
 

 

※ スムーススキン【pure】シリーズ最高峰!!

 
smoothskin pure
2020年5月、英国はイギリスのサイデン(cyden)社より新たに発売された『スムーススキン pure』。
先にご紹介した ”Gold&forMen” や ”muse Pro” に変わり、最先端のテクノロジーを集結したスムーススキンシリーズの最高峰として誕生しました。

生まれ変わった『スムーススキン pure』の魅力を徹底分析しました!!
 
まずはスペックから.
smoothskin pureスムーススキン 『pure』(※ 画像はブラック)

《スペック》
○ 最大照射回数100万回.
(※ メーカーテスト結果)
○ 照射面積:3.0㎠.
○ 照射パワー:3~6ジュール/㎠.
○ 1照射0.46〜1秒
/1分間最大65〜135回照射可能.
○ パワー調整:10段回+ジェントル/スピードモード.
○ 本体重量:約250g.
○ 本体サイズ:幅:約7cm、奥行き:約6cm、高さ:約18cm.
○ 照射モード:連続,1回照射.
○ 自動肌色検知機能/スキントーンセンサー内蔵.
○ メーカー2年保証付.

 

|スムーススキン【pure】の特徴.

museProから一新して変わったのが、まずその形状です。

《body/カラーデザイン&サイズ》

 
smoothskin pure前機種ミューズプロまでの特徴的な ”くの字” 型のボディが一新!ほぼ垂直で真っ直ぐなボディへと生まれ変わりました。

横から見てもその違いがお分かり頂けるかと思います。形状とともに全体のサイズも若干小振りになり、取り回しなどがしやすいように使用感優先で改良されています。

smoothskin pure
また、今まで別々だったジェントルモードボタンや電源スイッチが集約されました!!

画像中央部分のみ →
ブラック/ホワイト共に同じです。

 
smoothskin pure← さらにアップした画像がコチラ。

画面ほぼ中央の大きなSSマーク部分が「パワーモードボタン」
左下の表示されていない方のボタンは「スピードモードボタン」、そして画像で表示されている通り「ジェントルモードボタン」が右下にあります

前機種museproまでは、それぞれのボタンが独立して一直線に並んでいました(参考画像は【Gold&forMen操作方法】の項でどうぞ)

smoothskin pure
そしてカラーデザインも一新?とまではいきませんが、”Gold&forMen” のデザインがベースになっているようなカラーリングで、より高級感を感じさせるデザインに仕上がっています。

ホワイトはコチラ →

気になる価格は?というと、museproよりは断然安くGold&forMenと同じくらい
メーカー希望小売価格 ¥46,200-(税込)となっています。

ちなみに前機種「musepro」のメーカー価格は¥68,000-(税抜)でした。これは国内人気No1のケノンに匹敵する価格。それが、ほとんど同じ機能..いやむしろ最先端の機能で利便性が向上し、英国でNo1の家庭用脱毛器「pure」で5万円を切った価格というのはまさにお値打ちという他ありません。

《照射スピード》

 
smoothskin pureスムーススキンpureには『オプティカルパワー』が搭載されています。

オプティカルパワーとはbare+の項でも紹介しましたが、”エネルギーの量” と ”速度の尺度” という2つをあわせ持った機能の事です。通常であれば、エネルギーの量を増やすとスピードは落ちます。

Cyden社の開発チームはその部分に着目し、何百回もの臨床試験を行った末「高いエネルギーを確保しつつスピードの速さも実現」したのです。

この機能をpureに搭載した事で、”スピード(連射)モード” 設定で最速0.46秒間隔での照射が可能!脚や腕など広い範囲の脱毛処理におすすめです。

《照射回数》

pureの照射回数は最大100万回!!ということで、前機種のmuseが40万回だったのに対し大幅に増えました。サイデン社がこれまで出してきた数々のスムーススキンシリーズラインナップの中でも最高の照射回数となっています。

最高なのは照射回数だけではなく、照射スピード、さらに照射パワーと全てにおいて前機種を上回っているという事実。にもかかわらず価格は大幅にダウンして、まさにコストパフォーマンスは最強と言っていいでしょう。

《スキンコンタクトセンサー》

『スキンコンタクトセンサー』とは、今回のpureから搭載された機能の一つです。

smoothskin pureスムーススキンの照射面が肌に密着しているかどうかを確認するためのセンサーで、画像では照射口を囲んでいる白い枠の部分がソレにあたります。

画像のちょうど中央上部分にあるグレーの四角が「スキントーンセンサー」。pure以前のスムーススキン museproまでは、これが照射口の両脇に2個あり、このスキントーンセンサーによって肌への密着を確認していました。

この白い枠部分が全てセンサーになっていて、少しでも反応にブレがあった場合はフラッシュが発射されない設計になっています。

|スムーススキン【pure】の操作方法.

続いてスムーススキン pureの操作方法について。

スムーススキンシリーズは全機種一貫して操作方法は同じです。ただpureの場合は操作ボタンの数、そして位置が前機種とは微妙に違っていますので、そこのところだけ注意が必要。

では基本的な操作方法を簡単に説明していきましょう。
今回の新機種「スムーススキン pure」は、本体に電源スイッチボタンがありません本体から出ている電源コードをコンセントに差し込めば、それで電源はONになります

電源が付いているかどうかの確認には、照射口のスキントーンセンサー(前項の画像参照 ↑すぐ上)が青く光っているかどうかでわかります。

smoothskin pure脱毛部位によってモードを3つ選ぶことができますが、通常の脱毛処理では特にモード設定をする必要はありません。電源を入れた時点でパワーモード設定になっているので、照射したい部位にデバイスの照射口を密着させSSマークのある照射ボタンを押すだけ。

スキントーンセンサーにより自動的に肌の色を検知し、最適なパワーで照射してくれます
どれくらいのパワーで照射されたかは、本体両サイドにあるパワーバーゲージ(上画像↑)に表示されるので痛みの度合いを把握するのにも役立ちます。

《選べる3つの照射モード》

スムーススキンpureから新たに設置されたスピードモードボタンを含めると、ピュアでは3つの照射モードを選ぶことができます。

【パワーモード】・・・本体背面にある集合ボタンのうち1番大きな ”SSマーク” のあるボタンがパワーモードボタンです。起動した時の初期モードでもあり、基本的にはこのモードでOK。肌の色に応じて自動的に照射パワーを調整してくれ、もっとも効果を感じられるモードです。

【ジェントルモード】・・・パワーモードボタンのちょうど右下にある ”羽のマーク” があるボタン。ジェントルモードという名の通り、パワーを抑えた低い出力での照射になります(パワーモードの約半分の出力)。顔や脇、vioなどデリケートな部分への照射に適しています。また敏感肌やアレルギー体質の人にもおすすめで、初回の照射をこのモードでする事で不安を払拭できます。

【スピードモード】・・・前項(”スムーススキン pureの特徴” の項)でお伝えした通り最速0.46秒での連射が可能になる、いわゆる ”連射モード” です。SSマークのパワーモードボタンの左下にある ”時計(ストップウォッチっぽい?)のマーク” がついているボタン。処理スピードは早いのですが、照射出力が全モードの中で1番弱い(ジェントルモードよりも)です。そのため脱毛処理というよりは、脱毛完了後のメンテナンスケア用として使うことをおすすめします。
 

|スムーススキン【pure】の脱毛効果は!?

次は、最も気になる pureの ”脱毛効果” について。

「スムーススキン Pure」の脱毛効果は、この機種自体が5月発表の6月発売ということで購入された方もまだまだ使用途中の段階のため、効果を実感するまでには至っていないというのが実情です。

ですがbare+やGold&foMen・museproなどの現行モデルや前機種への口コミを見る限りでは、十二分に脱毛効果を期待することはできるでしょう。
 
スムーススキンシリーズは現在世界11か国で販売されていて、その国々で「新しい脱毛習慣」として実践されています。特に2020年度は新型コロナウィルスが全世界を圧巻し猛威を奮いました。

withコロナへの時代へ突入し人との接触が限られてしまった今、脱毛サロンや医療脱毛クリニックでの施術は憚られるように。自宅での脱毛ケアはもはや必須!となり、家庭用脱毛器も必需品の家電となりつつあります。

Cyden社の英知とテクノロジーを集結した『スムーススキンpure』は確かな脱毛効果も期待できる上、お手頃価格で手に入れることができます。

コロナ禍以前に脱毛サロンなどで脱毛をしようと考えていた人、あるいは契約途中で一時中断を余儀なくされていた人などに是非おすすめしたい脱毛器です。